新規会員登録

カートを見る



 

 


    


営業日カレンダー


2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

が定休日です。

日・祝日は休業日につき、お電話・メールの対応は行っておりません。

お電話・メールの対応は 
月曜日〜金曜日
9:00〜17:30

営業時間外のご注文の場合、翌営業日に対応させていただきます。

【1】企業・会社独自の視点

 

企業が行うべき防災とは、従来の「従業員・顧客の安全確保」、「二次災害の防止」に加え、「地域貢献・地域との共生」と「事業継続計画(BCP)」という課題が含まれます。

BCPを立てることで、通常業務の見直しや改善、また、顧客の信頼アップにもつながります。

 

【2】町内会・自治会独自の視点

 

災害に強い地域づくりを進めるには、危ない箇所はないか、いざという時に一人ひとりが迅速に活動できるか、役割分担ができているかなど、日ごろの点検が大切です。

 

地域の活動団体と協力しながら、家屋の耐震診断や家具の転倒防止を進めるといった防災活動や、住宅防火対策として住宅用火災警報器の普及啓発、環境、福祉活動を行う等、その活動は多様なものとなっています。

 

【3】社会福祉法人独自の視点

 

施設の規模、形態、施設利用者の状態等により、災害対策や活動内容等は異なるため、当該施設の状況に応じた措置等が必要であり、事前に災害対応計画として定めておきましょう。

地域の社会福祉協議会との連携のもと、施設運営支援ボランティアの確保(ボランティアの宿舎等の確保も含む。)近隣住民、施設利用者の家族、他の社会福祉施設、ボランティア等、災害の規模に応じて有効な応援となり得る人材を確保するため、関係機関に対し、早期に協力を依頼しましょう。

 

【4】学校独自の視点

 

児童生徒等数、教職員数、支援を必要とする児童生徒等、登下校方法、登下校時間帯等について校内の状況を確認しましょう。

災害が発生する時間帯についても考慮し、発災時間帯別に対応の流れを整理しておくことも必要です。

 

また、強い恐怖や衝撃を受けた心のケアも大切です。

   
キーワード
価格範囲
円〜

 

防災専門店MT-NETログイン

 

防災専門店MT-NET新規会員登録

 











そなえるんCSR












facebookへリンク