新規会員登録

カートを見る




 


    


営業日カレンダー


2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

が定休日です。

日・祝日は休業日につき、お電話・メールの対応は行っておりません。

お電話・メールの対応は 
月曜日〜金曜日
9:00〜17:30

営業時間外のご注文の場合、翌営業日に対応させていただきます。

企業が行うべき防災とは、従来の「従業員・顧客の安全確保」、「二次災害の防止」に加え、「地域貢献・地域との共生」と「事業継続計画(BCP)」という課題が含まれます。
BCPは通常の防災計画とは違い、その目的は、災害や事故、パンデミック、テロ、委託先の操業停止などの「あらゆるトラブルに遭遇した後に、いち早く通常業務の再開を果たすこと」です。
自社が事故や災害などの被害に遭っていなくても、取引先などが危機に遭遇することで、自社も商品やサービスを提供できなくなり、サプライチェーン全体に被害が拡大するため、それによる「顧客の他社への流出」「マーケットシェアの低下」「企業評価の低下」を防ぐべく、事業の復旧・継続がスムーズに行えるよう、全ての企業が、BCPをしっかり立てる必要があります。また、BCPを立てることで、通常業務の見直しや改善、また、顧客の信頼アップにもつながります。

 

建物の耐震検査や、補強はもちろんのこと、看板など、屋外設備の安全の確認も忘れずに。
屋内においても、地震などでの書棚やデスクの転倒を防止するために、家具などを固定するほか、窓ガラスや蛍光管などの飛散防止対策なども必要です。

 

普段から地域の行事や防災訓練などに積極的に参加するなどして、いざというときも助け合える(共助)関係を築いておくことが大切です。
また、帰宅困難者支援、一時滞在者の受け入れ、避難所への物資の提供など、自分の会社にできる被災者支援を行うことが、会社の信用を高め、事業復興を円滑に進める大きな一歩にもなります。

 

大規模災害が発生した場合は、帰宅困難者によるさらなる混乱を防ぐため、従業員などをすぐには帰宅させず、事業所内で待機させるという考え方が主流になってきました。そのため、事業者側は、従業員などの帰宅困難者が最低3日間、事業所内で寝泊まりができる備えをしなければいけません(東京都では2013年4月より条例施行)。
各自で避難用の靴や上着などを用意するほか、備蓄品として、最低でも3日間その場で全員が寝泊まりできるだけの食料や水、寝具、非常用のトイレなどを用意しておきましょう。また、予算や規模に応じて、救助工具や救急用品なども用意するようにしましょう。

 

緊急時の連絡手段の確保のほか、BCPを継続的に運用・改善などをする仕組み「事業継続マネジメント(BCM)」を確立し、会社(団体)全体で取り組みましょう。
また、どこに防災用品が置いてあるかの把握はもちろん、防災用品の使い方や防災食の調理方法など、防災訓練などの実践を通して、知識として知っておくだけでなく、確実にできるようにしておくことが大切です。

 

「全従業員3日分といわれても、何をどれだけ揃えたらいいかわからない…」という方のために。

 

1人分の商品(サンプル品)を無料でお届けいたします。

実際に商品を、お手元で見て触って確かめてから、安心して購入をご検討いただくことができます。

 

 


   
キーワード
価格範囲
円〜

 

防災専門店MT-NETログイン

 

防災専門店MT-NET新規会員登録

 











そなえるんCSR












facebookへリンク